sake 三重県

~ 神の水、伊勢の風、式 SHIKI ~【式 SHIKI】河武醸造株式会社‐三重県

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第141回目の当記事では、三重県多気郡(たきぐん)の式SHIKI(しき)を特集します。

8代にわたる醸造の歴史と、新たな挑戦。

―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。

安政4年(1857年)に創業、現社長で8代を数えます。味噌・醤油の醸造事業から操業を開始しましたが、途中で清酒醸造事業を開始し、現在では清酒醸造がメインとなっています。

地元では長年「鉾杉(ほこすぎ)」という銘柄でご愛顧いただいてきましたが、2020年より新ブランド「式 SHIKI」の展開を開始し、県内だけでなく県外、そして海外への進出に取り組んでいます。

―代表銘柄は?

「式 SHIKI

「式 SHIKI」は、弊蔵が位置する伊勢地域に御座す「伊勢神宮」にみなぎる、神聖でエネルギッシュな力を皆様にお届けすべく誕生した銘柄です。

ブランド名に神宮の重要な儀式のひとつである「式年遷宮」の「式」の字を使い、米には伊勢錦の突然変異種と言われており神宮に古来伝わる思想「常若(とこわか)」を表現する酒米「弓形穂(ゆみなりほ)」を使用しています。

また、ラベルカラーには神宮境内に敷き詰められた黒石の「黒」、神域に敷かれた白石の「白」、神域に流れる五十鈴川の流れを想起させる「水色」、巫女装束の緋袴の色であり穢れを祓うという意味合いのある「朱赤」を採用しています。

伊勢神宮の瑞々しくも力強いエネルギーを、見た目からも味わいからも体感することができるお酒、それが「式 SHIKI」です。

―イチオシ商品はなんですか? 地元の食材・料理とはどんな合わせ方がおいしいですか?

  • 「式 SHIKI RICH」は単体で飲んで素直に「美味しい!」と思えるほどの美しい香りと味わいを持つお酒であるため、純粋にお酒だけでも十分楽しんでいただけます。
     何かに合わせるとすればフルーツやチーズなどが良いかと思います。
  • 「式 SHIKI FRESH」は穏やかな吟醸香としっかりとした旨味を持つお酒であるため、魚料理などと合わせると良いかもしれません。
     ぬる燗程度に温めて飲んでいただくのもおすすめです。
  • 「式 SHIKI MELLOW」は軽やかな吟醸香とフルーティな味わいを持ちながら後味すっきりというお酒のため、食材を選ばず何に合わせても食材の良さを引き立ててくれます。 冷やしてワイングラスで飲んでいただくのがおすすめです。
  • 「式 SHIKI SWEET」は他の三種より香りは控え目ですが、舌触りのまろやかさとコク深さが際立つお酒です。そのため、煮込み料理など味の濃いものにも負けずに引き立ててくれます。 こちらもぬる燗程度に温めるのもおすすめです。

 

テイスティングレポはこちら!

【テイスティングnote】河武醸造のこだわり和酒をご紹介!!

河武醸造株式会社(所在地:三重県多気郡、代表取締役:河合英彦)のこだわりの詰まった日本酒をご紹介します。 蔵紹介はこちら! 式|SWEET 商品情報◎容量:720ml◎アルコール度:15度◎原料米:弓 ...

続きを見る

 

伝統を守り、常に新しい感覚で酒造りに挑戦

―酒造りで心がけていることは?

これまでの経験から培った技術に胡坐をかかず、常に新鮮な気持ちで造りに取り組むことです。

弊蔵は、長年酒を造っていても毎回同じことを繰り返していては良い酒は造れない、と考えています。原料の米を見極め、気候の変化を鋭く感じ取り、醪の声に耳を澄ます。

そのたびごとに感覚を研ぎ澄ませて、最善を模索する。その積み重ねによって弊蔵の伝統は守られてきており、今後もそのようにして伝統を築き続けていかねばならないと考えています。

―酒蔵や地域、観光などでオススメポイントや盛り上がっている話題を教えて下さい。

多気町と言ったら外せないのが、2021年に開業した商業リゾート施設「VISON(ヴィソン)」です。

松阪牛や伊勢海老、牡蠣といった食材から地元で育てた新鮮な果物や野菜まで、三重県の豊富な海の幸・山の幸を買うことができるマルシェや、それらをその場で堪能できる屋台やレストランがあり、温泉・宿泊施設も併設されている人気観光スポットです。

弊蔵のお酒や味噌・醤油も多気町の特産物として置いていただいているので、VISONにお越しの際には弊蔵の商品もぜひお試しいただけたらと思います。

―最後に、読者へのメッセージをお願いします!

飲む人の心を洗い、潤すような体験のできるお酒。忙しない日々を生きる人々が、ほっと一息ついて自分を見つめ直すきっかけとなるようなお酒。

それが「式 SHIKI」の目指す姿です。「式 SHIKI」を飲むことで安らぎのひと時を体験していただければ幸いです。

今回ご紹介した酒蔵について

【三重県】
河武醸造株式会社
http://www.hokosugi.com/(鉾杉)
https://shiki-sake.com/(式)
三重県多気郡多気町五桂234

 

地域で愛される酒蔵をご紹介!

【キラリと光る、地域で愛される酒蔵の銘酒】全国にある様々な酒蔵の歴史と文化、オススメの商品や地域の観光をご紹介!

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と日本酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画がスタートしました! 日本には約1,400の酒蔵があり、地域の蔵人たちは日々情熱を注いで酒造りをしています ...

続きを見る

 

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-sake, 三重県
-, , , , , , , ,

Translate »

© 2023 酒蔵プレス