sake

お酒がすすむ一冊「匠が教える 酒のすべて」大越智華子 著 2021年10月20日刊行! &出版記念セミナー


千葉県で酒販店&飲食店歴35年、日本酒学講師としてもご活躍される大越智華子さんの「匠が教える 酒のすべて」が刊行されました。日本酒好きな人にはもちろん、お酒好きな全ての人が楽しめる、大越さんの経験と愛情がたっぷり詰まった一冊です。
また、出版記念セミナーが11月3日(水・祝)にFBOアカデミー東京校で開かれたので、参加してまいりました。

「匠が教える 酒のすべて」の見どころ!

5000人以上の受講生が目からウロコと絶賛!
人気講師であり、本物にこだわる名物酒屋だからこそ書ける、読めば誰かに話したくなる酒知識!

◆おちょこやグラスで味が変わる世界唯一の酒は?
◆ワインボトル「シャトー」や「ドメーヌ」ってなに?
◆RON、RUM、 RHUMの違いとは?
◆テキーラはメキシコ以外で造れない!
◆シャンパンにも一番搾りと二番搾りがある!

日本酒、焼酎、ビール、ワイン、スパークリングワイン、ウイスキー、ブランデー、スピリッツ、リキュール、フォーティファイドワイン…
豊富な写真とイラストつきだから、まるで現地にいるような気分で楽しめる。

酒の世界は知れば知るほどやっぱり面白い!

人生を豊かにする至福の時間をよりリッチに。最高の1杯を堪能しよう!

今日はどんなお酒を飲む? ひと目でわかるチャート付き!

匠が教える 酒のすべて [大越智華子 著]

著者紹介

大越智華子(おおこし・ちかこ)
1966年生まれ。千葉市在住。
中学生の頃から両親が経営するリカープラザ大越酒店の手伝いをする中で自然と「酒」に興味を持ち、21歳で渡仏。ソムリエ修行からの帰国後、バーテンダースクールにて洋酒を学び、25歳でバーラウンジAka-Tomboを開業。以来、きき酒師や日本酒学講師など、酒類に関する資格を多数取得、酒販店と飲食店の経営をする傍ら2001年よりSake-Salonお酒スクールを開講。酒学講座をはじめ、国内外企業のセミナーや大学寄付講座など、世界の酒文化を全国各地で伝えている。どの講座も楽しくわかりやすいと大人気で、すぐに満席に。これまでの受講生は5000人を超える。酒類に携わり35年。「酒は文化である」を理念に、世界の酒文化啓蒙を使命としている。

【出版記念セミナー】お酒にまつわる実体験エピソードやお酒の可能性など

大越さんが30年バーテンダーとして立ち続けるバーラウンジ Aka-Tombo

普段は4時間超のセミナーで講義をされている大越さん。本日は90分という短い時間でギュッと詰め込まれたセミナーでした。

日本酒、焼酎、ビール、ワイン等と様々なお酒のエピソードや生産地での経験談、これからの業界で危惧することやお酒の可能性など、本書では語り尽くせなかった内容も合わせてお話いただけました。

また、非常にレアなお酒が大越さん経営しているリカープラザには眠っているとのことで、いずれ開かれるであろう試飲会は要チェックです!

お酒の文化や歴史を楽しく学べ、色んな種類のお酒を飲みたくなるセミナーでした!!

酒蔵プレス編集部
飲食店も再開し、感染率も大幅に下がってきました。感染対策は徹底しつつ、楽しくみんなでお酒を飲みましょう!

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-sake
-, , , , , , , ,

Translate »

© 2021 酒蔵プレス