酒蔵紹介

【白牡丹】白牡丹酒造株式会社


広島県東広島市
代表銘柄:『白牡丹(はくぼたん)』

酒蔵紹介

白牡丹は、広島県内の瀬戸内海側、標高200mの高原盆地に位置する東広島市西条にあります。西条は古くから酒造りに最良な水、米、気候、造り手のすべてが揃う、清酒醸造の理想郷です。

東広島市には「広島杜氏の里・安芸津」があり、白牡丹では、代々広島杜氏がしっかりと麹を育て、ふくよかで小味の効いた日本酒を造り続けてきました。その味わいは広島県内の地酒の中でもほんのりとした甘さと、とろりとした濃い口の酒として知られていますが、実際その味わいは、クセがなく、香り高い風味、後切れの良い「旨口」の酒です。

延宝3年(1675年)の創業以来、家業として清酒醸造を続けています。「白牡丹」の名称は、京都の公家・五摂家の一つ鷹司家の当主がその品質を高く賞し、家紋である「牡丹」にちなんで天保10年(1839年)に拝授したものです。 白牡丹のお酒は、今も昔も毎日飲める日常酒として多くの広島県民に親しまれています。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

白牡丹は、今も昔も毎日飲める広島の日常酒として安全安心な酒造りに取り組んでいます。米は全量自家精米し、米の出来、品種、造る酒ごとに最適な精米を行っています。麹造りには6年の歳月を費やし自社開発した自動製麹機を用い、諸蓋を使った手仕込みによる麹造りと遜色のない良質な麹を育てています。

麹造りにこだわり抜いた、きめ細やかな喉越しと後切れの良い「旨口」の酒をお楽しみ下さい。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
広島杜氏が丁寧に醸した「旨口」のお酒をお楽しみ下さい。

詳しい情報はこちら

■白牡丹酒造株式会社
 
https://www.hakubotan.co.jp

■Facebook
 https://www.facebook.com/japanesesake.hakubotan/

■Instagram
 https://www.instagram.com/sake_hakubotan/

■ご当地情報(広島県東広島市)
 https://www.hh-kanko.ne.jp/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス