酒蔵紹介

【副将軍】明利酒類株式会社


明利酒類株式会社

茨城県水戸市 明利酒類株式会社 代表銘柄:『副将軍(ふくしょうぐん)』

『酒蔵紹介』
江戸時代末期の安政年間に現在地で創業した加藤酒造店が当社の前身であり、昭和25年より明利酒類株式会社となった歴史ある酒蔵です。清酒造りは南部杜氏の技術と、自社開発の小川酵母(協会10号酵母)や吟醸酵母(M-310酵母)の開発等、新しい技術を取り入れ丹精込めて仕込まれており、清酒「副将軍」は全国新酒鑑評会において金賞を通算12回受賞する等、高い評価を頂いております。また当社は日本三大庭園である偕楽園の近くに位置しており約50年前より梅酒造りにも盛んに取り組んでいます。最近では当社梅酒「百年梅酒」が第二回天満天神梅酒大会で日本一の栄冠を手にするなど、多くの方々に支持され、愛飲されております。現在では、清酒・梅酒以外にも、甲類焼酎・乙類焼酎・ウォッカ・発酵調味料等を製造する総合酒類メーカーとしても皆様から信頼をいただいております。

『現在の酒造りの近況について』
毎年季節時(春夏秋冬)に限定酒が出ます。

『お客様への一言』
当社の梅酒と酒の資料館「別春館」に是非ご来場ください。毎年3月最終土曜日に蔵開きが行われております。

■明利酒類株式会社
http://www.meirishurui.com/
■Facebook
https://goo.gl/Qi79jW
■酒蔵のご当地情報

http://www.city.mito.lg.jp/001433/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-

Translate »

© 2021 酒蔵プレス