酒蔵紹介

【水芭蕉】永井酒造株式会社


群馬県利根郡川場村
代表銘柄:『水芭蕉(みずばしょう)』

酒蔵紹介

創業1886年(昨年135周年を迎えました)群馬県最北部、利根川の源流域に位置する川場村。初代、永井庄治がこの地の水に出会い酒造りをはじめました。仕込み水の確保のため深い森林を所有し、蔵周辺は大自然に囲まれ蔵の前には豊かな水田が見渡す限り広がっています。「この地の自然に敬意と感謝を持ち、自然美を表現する綺麗な酒を造ること」を哲学として、最新鋭の設備と伝統的な技の融合で美しい酒を醸しています。

地域や日本酒の未来のために、SDGs尾瀬の水芭蕉再生プロジェクトを始動し環境保護に関する意識改革やプロジェクト企業や地元高校生(自然環境科)と水芭蕉の花(苗)を植えかえる活動などを行っています。2020年9月より販売開始となりましたMIZUBASHO ArtistSeriesは3種類タイプのお酒をご用意しまして食とのペアリングをお楽しみ頂き、SNSを通じて若年層をはじめワインラバーの方たちにも日本酒の可能性を体験して頂きたいと思います。
また、MIZUBASHO ArtistSeriesについては売上の5%を尾瀬の自然保護に寄付させて頂いております。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

2022年の基本指針は3つテーマがあります。1つ目は伝統的な日本酒製法に瓶内二次発酵を取り入れた本格的なスパークリング日本酒「Awa Sake」(あわさけ)のパイオニアとして、様々なスパークリング日本酒の開発に取り組んでいます。また20年以上研究している熟成酒についても挑戦を続けております。3つ目は2020年から新発売したMIZUBASHO ArtistSeriesの活動です。次世代の人や日本酒入門編としてペアリング体験などを通じて日本酒の可能性を楽しんで頂く活動を続けていきます。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
暑い夏にピッタリなAwa Sakeを4種類ご用意しました。DRY系・Sweet系のアラカルトな味わいをご堪能下さい。また夏酒おりがらみ酒もご用意しておりますので合わせてお楽しみ下さい。

詳しい情報はこちら

永井酒造株式会社
https://www.nagai-sake.co.jp

■Facebook
https://www.facebook.com/mizubasho

その他
https://mizubasho-artist.jp

■ご当地情報(群馬県利根郡川場村)
https://www.vill.kawaba.gunma.jp/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス