酒蔵紹介

【玉乃光】玉乃光酒造株式会社


玉乃光酒造株式会社

京都府 

代表銘柄:『玉乃光(たまのひかり)』

tamanohikari2

 

『酒蔵紹介』

創業1673年。純米吟醸酒のみを造り続ける京都伏見の老舗酒蔵です。

1963年に戦後業界に先駆けて「無添加清酒」(今日の純米酒)を発売。農家との契約栽培化、自社扁平精米、大型の機械は使わず、麴は手造り、醸造アルコールを使わず、精米歩合60%以下を信条とした、いわゆる「純米吟醸の蔵」として酒造りに励んでいます。

和食発祥の地である京都の料理にマッチするよう、香りおだやかで高酸度のキレ味を持つ「味吟醸」を目指した玉乃光酒造の酒質は、国内をはじめ、海外の皆様からも高く評価されております。
「米本来の旨味と天然の酸味を活かした飲み飽きしない日本酒」この究極の目標に向かって、世界へ向けた酒造りに取り組んでいます。

『酒造造り近況について』

当蔵では昔ながらの日本酒を造りつつ、新しい酒造り(味)にチャレンジしています。その中で今回は有機栽培の山田錦を100%使用した純米吟醸酒「純米吟醸 GREEN」やワイン酵母で醸した「純米吟醸 TAMA」の味わいをアピールしたいと思っております。

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言』

当蔵の代表銘柄とチャレンジしている新しい味「純米吟醸GREEN」、「純米吟醸TAMA切手ラベルを是非ともお試しください!!

■玉乃光酒造株式会社

http://www.tamanohikari.co.jp/

■Facebook:

https://www.facebook.com/tamanohikari/

■Twitter

https://twitter.com/tamanohikari_1/

■酒蔵のご当地情報(京都市)
https://www.kyokanko.or.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-

Translate »

© 2021 酒蔵プレス