酒蔵紹介

【浦霞】株式会社 佐浦


宮城県塩竈市
代表銘柄:『浦霞(うらかすみ)』

酒蔵紹介

弊社は享保九年(1724年)に酒造株を譲り受け創業いたしました。以来奥州一ノ宮であり、1000年以上の歴史を持つ鹽竈神社の御神酒酒屋として酒を醸し現在に至っております。基本方針である『本物の酒を丁寧に造って、丁寧に売る』ことを基本に、より多くの人々に豊かさや安らぎ、潤いを提供し、日本酒の魅力と素晴らしさを伝えたいと願っております。また、歴史や培ってきた伝統を大事にしながらも、新しい取り組みにもチャレンジし続けて参ります。特に、弊社発祥である12号酵母を復活させたNo.12シリーズの商品開発の取り組みには、大きく力を注いでおります。一昨年11月より販売を開始した純米吟醸No.12は、国内のみならず海外にも輸出され、外国の方からのご支持もいただいております。これからも、皆様に信頼を得られますよう弛まぬ努力で酒造りに邁進し、高品質な商品をお届けいたします。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

昨年からのコロナ禍により、弊社でも製造数量を計画より減らすことになりました。また、これまで当たり前だった習慣や生活のスタイルも変わりはじめ、時にはその変化に不安や戸惑いを覚えることもあります。このような時代だからこそ、明日への活力を養うためには、毎日の食事が大切なものだとあらためて感じます。弊社のお酒の特長である、食事によく合い飲み飽きしない酒質をさらに高められるよう取組んでいます。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
久しぶりのイベントへの参加にワクワクする気持ちが抑えきれません。
美味しい日本酒で一緒に楽しみましょう。

詳しい情報はこちら

■株式会社 佐浦
 
http://www.urakasumi.com/

■Facebook
 https://www.facebook.com/urakasumi/

■Instagram
 https://www.instagram.com/urakasumi_sake/

■ご当地情報(宮城県塩竈市)
 http://kankoubussan.shiogama.miyagi.jp/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-,

Translate »

© 2021 酒蔵プレス