酒蔵紹介

【八重桜】古澤醸造合名会社


古澤醸造合名会社

宮崎県日南市 古澤醸造合名会社 代表銘柄:『八重桜』

『酒蔵紹介、現在の酒造りの近況について』
明治25年5月古澤貞市が個人で創業、昭和30年9月法人組織に変更し現在に至る。豊かな上質の水に恵まれ、たゆまぬ努力によって生まれた、まろやかな味、さわやかな酔い心地維持するために品質管理に努めている。
手づくりの古老の味。創業以来の県内唯一の土蔵造りの醸造蔵と、麹室で麹蓋を使い、永い歴史に支えられ、気候、風土に生きた手づくりを頑固に守り続けている。醪は締焼の大甕で醗酵させ、厳選した原料を家伝の技と新しい技術のもと精魂込めて一釜一釜蒸留し本物の古老の味を醸している。酷味、香味とも腰が強く、お湯割り、水割り、ロック等、どんな飲み方でもカラッと明るい酔い心地である。

■水について
醸造の町といわれるほど豊かな水に恵まれた土地

■米について
甘藷は、契約栽培農家の焼酎用加工品種を使用。また、使用する米は、契約栽培農家で収穫された焼酎用加工米を使用。

『郷酒大賞出品酒について』

2_yaezakura
『八重桜 郷酒』(焼酎部門)
畑が見える本格いも焼酎。

■酒肴
宮崎名物赤鶏炭火焼

『郷酒フェスタへお越し頂く お客様へのメッセージ 』
畑が見える本格焼酎を飲んで南国日南を感じてください。

■古澤醸造合名会社:http://www.nichinan-yaezakura.jp
■酒蔵のご当地情報(宮崎県日南市):http://www.kankou-nichinan.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
アバター

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-

Translate »

© 2021 酒蔵プレス