Home 酒蔵紹介 【渓流】株式会社遠藤酒造場


株式会社遠藤酒造場(酒蔵応援団)

長野県須坂 株式会社遠藤酒造場 代表銘柄:『渓流(けいりゅう)』

『酒蔵紹介』
信州須坂は江戸時代、堀家1万石の館町として発展しました。近代以降は日本の製糸産業を支える蚕糸の町として栄華しました。現在でも当時の製糸家の豪壮な蔵造りの家々が残り、蔵の町として人気があります。この地に風花舞う季節の訪れとともに蔵人が入場し、蔵人たちのかけ声が蔵に満ちあふれます。創業元治元年(1864年)より、幾年月にもわたって続いてきた光景です。諸国行脚のおり、酒の旨さに惹かれ、初代蔵元の遠藤徳三郎が酒造りをはじめたときから、常に「旨い酒を」との一心で酒造りに取り組んで参りました。凍てつく厳しい寒さの中で酒造りがはじまり、草木が一斉に芽吹く春、深緑の夏を経て、奥深い旨みが熟成されます。ふな口のしぼりたての生酒、六ヶ月、十ヶ月と氷冷熟成されたもの……それぞれのお酒の味わいは信州の四季を彷彿とさせます。しっかりとした味、麹の甘酸っぱさが口に広がり、のどを通るときにはまさしく『渓流』のように流れる、そんな酒に仕上がりました。私どもの入魂の酒を心ゆくまで味わってください。

『現在の酒造りの近況について』
創業当時の江戸時代、当蔵の酒は須坂藩主の献上酒でもありました。その時、藩主が命名した日本酒 『養老正宗』は、今もその味を語り継ぎ、現在は日本酒 『渓流』を代表とする銘酒となって、皆さまに親しまれております。

『お客様への一言』
信州の自然の中で仕込んだ渾身一滴の日本酒「渓流」を是非一度お試しください。

■株式会社遠藤酒造場
http://www.keiryu.jp

■Facebook
https://www.facebook.com/keiryu0117shu.pon.

■酒蔵のご当地情報
http://www.suzaka-kankokyokai.jp/


コメントを残す