Home 酒蔵紹介 【KAKEYA・NOTO・AGEO・KUNISAKI】日本酒応援団


日本酒応援団株式会社

「KAKEYA(かけや)」醸造元:株式会社竹下本店(島根県雲南市)、「NOTO(のと)」醸造元:数馬酒造株式会社(石川県鳳珠郡能登町)、
「AGEO(あげお)」醸造元:株式会社文楽(埼玉県上尾市)、「KUNISAKI(くにさき)」醸造元:萱島酒造有限会社(大分県国東市)

 

sakedukuri_ouendan

『会社紹介』
日本酒応援団株式会社は9人の若者がスタートした2年目の会社です。「日本酒のあるライフスタイルを、世界中に。」というビジョンのもと、田植え・収穫から製造サポート・世界販売までを現場で行う製造小売業です。スタッフ全員がパートナー蔵へ行き、現場を経験します。
1つの銘柄ではなく、その地域の味わいにフォーカスを当て、シンプルで新しい日本酒の飲み方を提案しています。現在のパートナー蔵は4蔵で、5年後までに30蔵を目指します。

各パートナー蔵のご紹介
「KAKEYA(かけや)」島根県「竹下本店」
竹下登元首相の生家。山に囲まれた自然豊かな田舎町。日本酒応援団との取り組みをきっかけに15年ぶりに本格的な造りを再開。

「NOTO(のと)」石川県「数馬酒造」
日本海が一望できる海沿いの酒蔵。弱冠24歳で蔵を継いだ蔵元は、その新しい感性と情熱で挑戦を続ける。国内初の「世界農業遺産」・能登の有機米を使用。

「AGEO(あげお)」埼玉県「文楽」
荒川・利根川系の伏流水に恵まれ、中山道の宿場町として名高い上尾市の今も昔も変わらない活気あふれる街の酒蔵。都会らしい柔軟なチームワークはまさに和醸良酒。

「KUNISAKI(くにさき)」大分県「萱島酒造」
日本で初めて「大吟醸種」を市販し、数多くの受賞を重ねる老舗酒蔵。国東の発展のために全力投球、熱い蔵人たちの人柄はすべての人を惹きつける。

 

『現在の酒造りの近況について』
パートナーの蔵毎で全く異なる味わいを土地の良さが出るように表現しています。

kakeya

『お客様への一言』
弊社の商品をまだ飲んだことがない方は、ぜひお立ち寄りください。

■日本酒応援団
http://welovesake.com

■Facebook
https://www.facebook.com/SakeSupporters

■Twitter
https://twitter.com/welovesake

■酒蔵のご当地情報
http://www.unnan-kankou.jp/(島根県雲南市)
http://www.notocho.jp/(石川県鳳珠郡能登町)
http://www.ageo-kankou.com/(埼玉県上尾市)
http://www.city.kunisaki.oita.jp/life/3/(大分県国東市)

 


コメントを残す