ニュース プレスリリース

日本酒を通じてSDGsに取り組む「永井酒造」、片岡鶴太郎氏とコラボレーションした日本酒第2弾を発売


永井酒造株式会社は、尾瀬の環境保全活動に取り組む日本酒「MIZUBASHO Artist Series 2022 片岡鶴太郎」を2022年3月8日(火)に発売いたします。

本商品の発売に先立ち、オンライン発表会を2022年2月25日(金)に実施いたしました。本商品はスパークリング酒、スティル酒、デザート酒の3種があり、それぞれ食前、食中、食後にお楽しみいただけます。

発表会には弊社が取り組む尾瀬の環境保全活動に共感頂き、本商品のラベルデザインを担当した俳優の片岡鶴太郎様も参加し、今回のラベルに込めた想いにも話がおよびました。

また一昨年から続く尾瀬の環境保全活動の延長となる新たな環境保全プロジェクト「Hike for OZE」の発表が行われた他、 様々なコラボレーション企画を通じて本商品をはじめとしたSDGsへの取り組みを発信するインフルエンサー「水芭蕉公認ミューズ」第2期オーディションが開催されることが発表されました

MIZUBASHO Artist Series第2弾発売に対する想い

弊社はMIZUBASHO Artist Seriesの第1弾を2020年9月に発売し、 「尾瀬の水芭蕉プロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトは「東京パワーテクノロジー株式会社」と「三条印刷株式会社」協力していただき、地球温暖化の影響によりシカの食害を受けている尾瀬の原風景を取り戻すための活動です。そこに尾瀬高校の協力も加わり、継続的に水芭蕉の苗を植え足していく事で、 2030年までに2万株以上の水芭蕉を尾瀬の玄関口である大清水湿原に咲き誇らせることを目標として活動しております。

今回の第2弾の発売に加え、プロジェクトへの新たな寄付スキーム「Hike for OZE」により、継続的に尾瀬の環境保護活動へ取り組んで参ります。

*弊社のMIZUBASHO Artist Seriesを通じた、これまでの環境保全の取り組みは以下よりご覧いただけます。

群馬の老舗酒蔵が取り組む「尾瀬の水芭蕉プロジェクト」とは
https://prtimes.jp/story/detail/ZxWmgnio97b

MIZUBASHO Artist Series商品概要

Floral Sparkling -フローラルスパークリング-
・容量: 360ml
・アルコール度数 :12%
・価格 :1,320 円(税込)
・コメント:乾杯や前菜に合わせてお楽しみ頂ける食前酒です。水芭蕉の可憐な白い花を連想する、フローラルスパークリング。長年研究を重ね、進化してきた独自の瓶内二次発酵技術を使用し、カジュアルに仕上げました。 口当たりの柔らかいシルキーな泡と白桃や林檎のような香味が調和します。

Still -スティル-

・容量 :720ml
・アルコール度数 :13%
・価格 :1,430 円(税込)
・コメント:ライチのような上品な甘さ、果実を口にしたときのみずみずしさ、そしてほのかにグレープフルーツのフレーバーを感じ、なめらかで軽快な味わいが特徴です。優しい中に幅を持った旨味も広がり、様々な料理と気軽に楽しめる食中酒を目指しました。

Dessert -デザート-

・容量 :300ml
・アルコール度数 12%
・価格 :1,100 円(税込)
・コメント:食後酒として楽しめる甘口のお酒です。パッションフルーツやアプリコットを連想させる上品な甘味に仕上げました。頑張った自分へのご褒美に嗜んでホッと一息するには最適なお酒です。そのまま飲んでも、スイーツや果物、 チーズなどに合わせても笑顔になれるデザート酒です。

ラベルについて

▲片岡鶴太郎様に描いていただいたラベル原画

MIZUBASHO Artist Seriesは「尾瀬の水芭蕉プロジェクト」に賛同していただいたアーティストに「水芭蕉の花」を描いていただき、それをラベルデザインに反映する事でアートによる日本酒の付加価値創造を目指しております。第2弾となるラベルは、昨年に引き続き俳優の片岡鶴太郎様による作品です。

今回のラベルは、 MIZUBASHO Artist Seriesの目指すべきイメージと親和性の近い女性像を想定致しました。MIZUBASHO Artist Seriesは、環境問題と女性のエンパワーメントの2大柱でSDGsの取組みも遂行しておりますので、第二弾のラベルは、どんな環境下でも、力強く、美しく、凛とした姿勢で前向きに頑張る女性像をイメージした水芭蕉をラベルに表現していただきました。

鶴太郎様にとって群馬県は草津ホテルが運営する「片岡鶴太郎美術館」があるなど古くからゆかりのある地です。

▲(左から)永井酒造株式会社 代表取締役社長 永井則吉、俳優 画家 片岡鶴太郎様、永井酒造株式会社 取締役 永井松美

オンライン発表会の様子

▲(左から)永井酒造株式会社 取締役 永井松美、永井酒造株式会社 代表取締役社長 永井則吉

発表会では商品ラベルをデザインしていただいた片岡鶴太郎様と一緒に水芭蕉苗の植え替え疑似体験を行いました。

 その後のトークショーでは今回のラベルデザインに込めた想いや、ヨガにまつわるサステナブルな考えにも話が及びました。

また今回のオンライン配信では3月8日から公募開始する第2期水芭蕉公認ミューズオーディションについても発表を行いました。

弊社ではMIZUBASHO Artist Series第1弾を発売以来、様々な分野で活躍する女性インフルエンサーを「水芭蕉公認ミューズ」として起用し、商品とのコラボレーション通じて、女性の社会進出と活躍を応援して参りました。

発表に際し、第1期水芭蕉公認ミューズの大西亜里様と石松利佳子様にご参加いただき、水芭蕉公認ミューズのこれまでの活動内容についてトークショーが展開されました。

 MIZUBASHO第2期公認ミューズの正式公募案内はMIZUBASHO Artist Series 公式オンラインショップのオープンに合わせて、2022年3月8日にMIZUBASHO Artist Series公式サイトにて開示いたします。

MIZUBASHO Artist Series公式サイト
https://mizubasho-artist.jp/

▲(左から)司会 坂上愛佳様、美容料理家 石松利佳子様、永井酒造株式会社 代表取締役社長 永井則吉、俳優 画家 片岡鶴太郎様、永井酒造株式会社 取締役 永井松美、シンガーソングライター 大西亜里様

会社概要

永井酒造株式会社

創業1886年。群馬県最北部、利根川の源流域に位置する川場村。初代永井庄治がこの地の水に出会い酒造りを始めました。「この地の自然に敬意と感謝を持ち、自然美を表現する綺麗な酒を造る事」を哲学とし、最新鋭の設備と伝統的な技の融合で、美しい酒を醸します。

HP:
http://www.nagai-sake.co.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/mizubasho/
Twitter:
https://twitter.com/nagaisyuzou
Instagram:
https://www.instagram.com/nagaisake.inc_official/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

プレスリリース

酒蔵と地域を応援するため、和酒に関するニュース・イベント・商品情報をお待ちしております。 プレスリリースの掲載をご希望の方はコチラ

-ニュース, プレスリリース
-, , , ,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス