ニュース

3年ぶりに「全国日本酒フェア」と「公開きき酒会」が東京国際フォーラムで開催!


全国約1700の酒類メーカーが所属する日本酒造組合中央会は6月17日(金)と18日(土)の2日間、3年ぶりの会場開催となる「日本酒フェア2022」を東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催されました。

「日本酒フェア2022」は「令和3年全国新酒鑑評会 公開きき酒会」と「第14回全国日本酒フェア」で構成されています。

公開きき酒会では、110回の歴史をもつ全国新酒鑑評会で金賞を受賞した日本酒約230点を一般消費者が楽しめる唯一の機会として日本酒ファンから根強い人気があります。

全国日本酒フェアでは、沖縄と鹿児島を除く全国45都道府県から地域自慢の日本酒と蔵元が集まり、全国津々浦々の日本酒を楽しめました。

来場者の声を聞くと、「やっと開催されてうれしい」「蔵元さんや友人と久々に会えてよかった」「やはりリアルイベントはいいですね」「日本酒はおいしい」という声が多くありました。

酒蔵では、「3年ぶりの開催でうれしいよ」「景気がよくなってほしい」「人と直接会える機会はいいものですね」「もっと多くの人に今の日本酒を知ってほしい」という声が聞かれました。

会場は笑顔でいっぱいでした。これからイベント再開が増えていくように感じます。

開催概要

第14回全国日本酒フェア
日時:
6月17日18:00~20:00(第一部)
6月18日10:00~12:00(第二部)/13:00~15:00(第三部)/16:00~18:00(第四部)
※6月18日10:00~12:00の回は商談会のため、一般は入場不可
※ 完全入れ替え制
会場:東京国際フォーラム ホールE (東京都 千代田区丸の内3丁目 5−1)
料金:3,000円

令和3酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会
日時:
6月18日10:00~12:00(第一部)/13:00~15:00(第二部)/16:00~18:00(第三部)
※ 完全入れ替え制
会場:東京国際フォーラム ホールE (東京都 千代田区丸の内3丁目 5−1)
料金:3,000円

取材写真

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-ニュース
-, , ,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス