【父の日のギフト調査】2024年6月16日は父の日。健康増進のギフトを贈りたい人が7割超、一方でよく贈るものは酒類が1位

2024/6/14

父の日は、2024年6月16日(日)です。父の日に向け、食べる前に読むだけで、果物が2倍美味しくなる定期便「そのとちぎふと」は父の日に贈り物を贈ったことがある人600人を対象に、「父の日の贈り物」に関するアンケートを実施しました。 お父さんに元気でいてほしい人が98.5%、父の日には健康増進に関するギフトを贈りたい人が7割を超えた一方、成人してから父の日によく贈るものとしてはビール・ウイスキーなどの酒類を贈る人が4割以上という結果になりました。 【調査概要】・エリア:全国・主体:株式会社 picks de ...

ReadMore

楽しく飲んで学べる試飲会「Tasting Study 2024」7月28日(日)に開催

2024/6/14

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(東京都文京区、以下SSI)は、6月13日より「Tasting Study 2024」の申込受付を開始しました。 Tasting Study 2024 「Tasting Study 2024」とは、テイスティングを通じて、日本酒や本格焼酎・泡盛の様々な物語を学ぶことができる勉強会(試飲会)です。 会場には20社のメーカーブースが並び、150種類の日本酒や本格焼酎・泡盛を自由に試飲いただけます。 単なる酒類の味見でなく、蔵元と会話しながらテイスティングすることで、各商品 ...

ReadMore

伝統的な技術を継承し、「食を豊かにする酒」を目指す。【車坂】吉村秀雄商店‐和歌山県

2024/6/13

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第272回目の当記事では、和歌山県岩出市(いわでし)の吉村秀雄商店(よしむらひでおしょうてん)を特集します。 吉村秀雄商店の酒造りの歩み ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 大台ケ原に源流を発し、流域の自然を育みつつ紀伊水道に注ぐ紀の川。 弊蔵はその流域・岩出の地で吉村秀雄が大正4年に創業。灘で習得した酒造技術を生かした「根来桜」や「日本城」といった銘柄で長く親しまれ、2000年代に入ってから「車坂」を立ち ...

ReadMore

雪深い名水百選の地、秋田・湯沢で酒造り一筋に400年 【福小町】木村酒造‐秋田県

2024/6/12

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第271回目の当記事では、秋田県湯沢市(ゆざわし)の木村酒造(きむらしゅぞう)を特集します。 豊臣家重臣から400年続く伝統 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 元和元年(1615)年、豊臣家の重臣木村重成の一族が大阪夏の陣を機に秋田湯沢に居を移して造り酒屋を創業。 以来400余年、酒造り一筋の歩みを続けています。 江戸時代には当主が銘醸地伊丹に赴き酒造技術を学んだ後、現地より杜氏を招いたほか、山形県の大山 ...

ReadMore

お手頃な日本酒×生ハム&ローストビーフ:気軽に楽しむ家飲みの新発見

2024/6/12

最近は、スーパーやコンビニでも手頃な価格でさまざまな日本酒が手に入るようになりました。自宅でもカジュアルに日本酒を楽しむ機会が増えていることでしょう。 そんなとき、普段とは違うおつまみを試してみたいと思いませんか?今回は、いつもと少し変化をつけて、生ハムやローストビーフを日本酒と合わせる方法をご紹介します。 ワインとの相性はよく知られていますが、日本酒との組み合わせはどうでしょうか?今回使用するのは、日本盛から発売されているボトル缶タイプの3本の日本酒。お手頃な価格で本格的な味わいが楽しめる、人気の商品で ...

ReadMore

SAKEの可能性を広げる、東京八王子クラフト 【prototype】東京八王子酒造‐東京都

2024/6/11

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第270回目の当記事では、東京都八王子市(はちおうじし)の東京八王子酒造(はちおうじしゅぞう)を特集します。 黒塀通りの新たな醸造所 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 2023年6月開業。東京で令和初、10番目の酒蔵です。 かつて宿場町として栄えた東京、八王子。その面影を残す黒塀通りの一角に私たちの醸造所はあります。 八王子駅から徒歩5分、料亭「すゞ香」に併設するコンパクトな醸造所ながら充実した設備環境の ...

ReadMore

【速報】「Kura Master日本酒コンクール 2024」受賞酒発表!

2024/6/10

Kura Master 運営委員会は、6月6日 (月)に 「2024年度 Kura Master 日本酒コンクール」の受賞酒を発表致しました。 6部門(サケスパークリング部門、純米大吟醸酒部門、大吟醸部門、純米酒部門、クラシック酛部門、 古酒部門)に対し、370蔵より1223点が出品されました。提出された出品酒の総数の内、33%が受賞できるという規定に基づいて、プラチナ賞134点、金賞269点、合計403点の日本酒が入賞を果たしました。 「Kura Masterコンクール2024」の最高賞に当たる「プレジ ...

ReadMore

【速報】「2024 Miss SAKE Japan」のグランプリと準グランプリが決定!

2024/6/7

一般社団法人ミス日本酒は、 6月7日(金)に『2024 Miss SAKE Japan 最終選考会 』を開催し、「2024 Miss SAKE Japan」を決定致しました。 2024 Miss SAKE Japan 審査結果 グランプリ   :大阪代表 南侑里さん準グランプリ  :千葉代表 寺崎千波さん、長野代表 宮澤麗さん審査員特別賞  :鹿児島代表 長友陽奈子さんオーディエンス賞:兵庫代表  阿江春果さん地域活動貢献賞 :埼玉代表 南家果林さん、沖縄代表 新垣佳菜江さん 酒蔵プレス編集部受 ...

ReadMore

IWC(インターナショナル ワイン チャレンジ) 2024「SAKE部門」のトロフィー、メダルの受賞酒が発表!

2024/6/7

2024年6月6日(木)に、International Wine Challenge(以下IWC)2024の「SAKE部門」における最高賞の「トロフィー」と「メダル」の受賞酒が発表されました。 日本酒部門は10つのカテゴリー毎に審査員によるブラインド・テイスティングを行い、その成績によりメダル表彰(金メダル・銀メダル・銅メダル・大会推奨酒=6月6日に発表)となり、各カテゴリーの金メダル受賞酒の中からもっとも優れた銘柄に対し、今回、トロフィー受賞酒が選ばれました。 IWC2024「SAKE部門」各カテゴリー ...

ReadMore

農醸合一 【五島灘】五島灘酒造‐長崎県南松浦郡

2024/6/6

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第269回目の当記事では、長崎県新上五島町(しんかみごとうちょう)の五島灘酒造(ごとうなだしゅぞう)を特集します。 五島初の焼酎蔵と共に歩む伝統と想い ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 「100年先も、よりよい島の風景が残り栄えて欲しい」そんな願いを込めて2007年、先代社長は五島で初めての焼酎蔵を立ち上げた。 「農業は、人間の原点である」という考え方から、島の生産者と協力し原材料である甘藷栽培から焼酎を ...

ReadMore

© 2024 酒蔵プレス