~データと人の手で進化する酒造り~【梅美人、鷹雄】梅美人酒造株式会社-愛媛県

2021/6/14

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第8回目の当記事では、愛媛県八幡浜市(えひめけんやわたはまし)の梅美人酒造(うめびじんしゅぞう)を特集します。日々ご紹介する酒蔵のまとめは下記をご覧ください。 こちらをCHECK 伊方杜氏が造りだす日本酒 梅美人 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 梅美人酒造は大正5年愛媛県八幡浜市の地に「上田 梅一」が創業し105年の歴史を経て現在に至ります。明治期には「伊予の大阪」とよばれ、港を利用した商業が盛んでした ...

ReadMore

~最上の「きれいなあまさ」を目指す酒造り~【名倉山、月弓、会津士魂】名倉山酒造株式会社-福島県

2021/6/10

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第7回目の当記事では、福島県会津若松市(ふくしまけんあいづわかまつし)の名倉山酒造(なぐらやましゅぞう)を特集します。日々ご紹介する酒蔵のまとめは下記をご覧ください。 こちらをCHECK 全国新酒鑑評会で11年連続金賞 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 名倉山は大正7年、今でいうところの酒の鑑定官のような仕事をしていた初代松本善六によって創業。創業当初は「竹正宗」という銘柄で販売されていました。昭和12年 ...

ReadMore

日本酒ファン必見!「日本酒のおいしさのヒミツがよくわかる本」葉石かおり著 5月28日刊行

2021/6/10

「日本酒マニアックBOOK」「日本酒のペアリングがよくわかる本」に続き、酒ジャーナリストの葉石かおりさんが贈るシンコーミュージック日本酒シリーズ第3弾「日本酒のおいしさのヒミツがよくわかる本」が刊行されました。「ここ数年の日本酒ブームもあり、日本酒の酒質が上がっていると感じているが、その要因はどこに在るのか」を取材を通して見た著者の目線から「酒造り」の最新情報をわかりやすく楽しく解説しております。 目次 プロローグ「日本酒のおいしいヒミツが知りたくて」 Part 1 お好みのお酒の見つけ方 まずはいろいろ ...

ReadMore

~完全ドメーヌで蒸留する米焼酎~【ねっかSpecialEdition、ばがねっか 壱型】合同会社ねっか-福島県

2021/6/10

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第6回目の当記事では、福島県南会津郡只見町(ふくしまけんみなみあいづぐんただみちょう)の ねっか を特集します。日々ご紹介する酒蔵のまとめは下記をご覧ください。 こちらをCHECK 4人の米農家と、1人の醸造家が立ち上げた、完全ドメーヌの米焼酎蒸留所 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 2016年創業、2017年4月発売に米焼酎の販売を始めた創業5年の、まだ新しい蒸留所になります。只見町は、福島県の西北部。 ...

ReadMore

~「口中で広がって喉で消える」酒質を目指す~【三重の寒梅、伊勢正宗、はま娘】丸彦酒造株式会社-三重県

2021/6/2

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と日本酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第5回目の当記事では、三重県四日市(みえけんよっかいちし)の丸彦酒造(まるひこしゅぞう)を特集します。日々ご紹介する酒蔵のまとめは下記をご覧ください。 こちらをCHECK 酒造りの原点に立ち返り「本物の日本酒・真の日本酒」の考えから生まれた「三重の寒梅」 ―酒蔵の歴史について教えて下さい。 藤原大地 社長 丸彦酒造株式会社は今から約150年前の慶応3年(1867年)に鈴木彦左衛門が創業した現在で7代続く酒蔵です ...

ReadMore

輸出用清酒製造免許交付第1号! 福島県の米焼酎蔵(ねっか)が挑む輸出用日本酒

2021/6/2

合同会社ねっか(福島県只見町)は、この度、全国初なる輸出用清酒製造免許の交付を受け輸出専用の日本酒の製造を始めます。 合同会社ねっかは、2016年7月に設立し、翌2017年4月より米焼酎の発売を開始した新しい蒸留所です。JGAP認証の自社圃場で育て酒米を使用し、福島県ハイテクセンターで開発された「ねっか用酵母」で醸す米焼酎は、香り高い吟醸香が特徴です。国内外の品評会でも金賞を受賞するなど、評価がとても高くなってきております。弊社は、2018年より焼酎の輸出を始めております。今回の酒税法改正を受け、「輸出用 ...

ReadMore

~米と水と人との調和、温故創新の酒造り~【山廃本醸造酒呑童子、香田、hakurei】ハクレイ酒造株式会社-京都府

2021/6/2

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と日本酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第4回目の当記事では、京都府宮津市(きょうとふみやづし)のハクレイ酒造(ハクレイしゅぞう)を特集します。日々ご紹介する酒蔵のまとめは下記をご覧ください。 こちらをCHECK 由良ヶ岳から流れる仕込み水。硬度11.2mg/Lの超軟水は酒の味を甘口でも辛口でも自在に醸す。 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 京都府宮津市の丹後由良で1832年に創業し、江戸時代から続く伝統の酒蔵です。多くの受賞歴ある日本酒やリ ...

ReadMore

~チャレンジを続ける美感遊創の酒造り~【城陽、徳次郎】城陽酒造株式会社-京都府

2021/5/27

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と日本酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第3回目の当記事では、京都府城陽市(きょうとふじょうようし)の城陽酒造(じょうようしゅぞう)を特集します。日々ご紹介する酒蔵のまとめは下記をご覧ください。 こちらをCHECK 温暖な気候と木津川の伏流水に恵まれた自然豊かな土地 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 城陽酒造は京都から五里、奈良から五里という場所に位置しており、温暖な気候と木津川の伏流水に恵まれた自然豊かな地で1895年「島本酒造部」を組織し ...

ReadMore

~自然とにじみ出る個性がある酒造り~【天明、一生青春、Snow drop】曙酒造株式会社-福島県

2021/5/21

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と日本酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第2回目の当記事では、福島県河沼郡(ふくしまけんかわぬまぐん)の曙酒造(あけぼのしゅぞう)を特集します。日々ご紹介する酒蔵のまとめは下記をご覧ください。 こちらをCHECK 『時代とともに自然とともに進化し続ける酒』『造っていても呑んでも楽しさが無限に湧き出る酒』 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 冬は寒くて、夏暑い、会津盆地の中心にほど近い、会津坂下町で酒造りを初めて百有余年が経ちました。地元で造る米 ...

ReadMore

山梨(清酒)が地理的表示(GI)に指定されました!「GI山梨」

2021/5/24

山梨県の⽇本酒が2021年4⽉28⽇、地域の⾵⼟と結びついた特産品を保護する国の制度「地理的表⽰(GI)」に指定されました。GI名称は「山梨」で、日本酒では「⽩⼭」、「⼭形」、「灘五郷」、「はりま」、「三重」、「利根沼田」、「萩」に続く指定です。 指定概要 ⑴ 酒類の特性について総じて柔らかで、透明感のある清らかな味わいを有しており、塩気を感じさせる料理をより味わい深く楽しむことができる酒質である。⑵ 酒類の特性が酒類の産地に主として帰せられることについて・自然的要因2,000mから3,000m級の山々に ...

ReadMore

Translate »

© 2021 日本酒・酒蔵プレス