酒蔵紹介

【天覧山】五十嵐酒造株式会社


埼玉県飯能市
代表銘柄:『天覧山(てんらんざん)』

酒蔵紹介

五十嵐酒造の創業者である五十嵐久蔵氏は、もともとは杜氏を務めていましたが、独自の酒造りをめざして明治30年(1897年)に独立。緑豊かな飯能の地で日本酒を造り始めたのが、五十嵐酒造の始まりです。

弊社が基本とするのは、飯能の自然の恵みを活かした酒造り。名栗川と成木川という2つの清流の合流点近くに建てた蔵で、奥秩父の伏流水を井戸から汲み上げて造られる酒は、淡麗ですっきりとした味わい。軽くキレのよい酒を得意としています。

「五十嵐」は蔵元の名を冠した銘柄だけに、蔵元と同様の歴史ある酒と思われがちですが、実はまだ2010年にスタートしたばかりの新しいブランド。

十嵐酒造の代表商品である「天覧山」をベースに、原酒をそのまま直汲みするという新たな試みから生まれたのが「五十嵐」。原酒ならではの荒々しさや、シュワシュワと残るガス感、フレッシュでさわやかな旨味が同時にたのしめます。これからも、新しいことにチャレンジしていきます。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

「搾り機から出てきたばかりの、原酒そのままのフレッシュなおいしさを届けたい」という想いから生まれた「五十嵐」。日本酒は、空気に触れることで酸化が進み、風味が変化してしまう繊細なもの。

その場で直汲みすることで、お酒が空気に触れることを防ぎ、原酒そのままの味わいを楽しめるというわけです。その反面、調整によって酒質をコントロールできない難しさもあり、納得できる「五十嵐」を生み出すために、今も試行錯誤を重ねています。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
秋冬の味覚と合わせて楽しめるお酒をご用意してお待ちしております!皆でワイワイと和酒を楽しみましょう!

詳しい情報はこちら

■五十嵐酒造株式会社
 https://www.snw.co.jp/~iga_s/

■Facebook
 https://www.facebook.com/igarashisyuzou/

■Twitter
 https://twitter.com/tenranzan50

■ご当地情報(埼玉県飯能市)
 https://hanno-tourism.com/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス