酒蔵紹介

 【歓喜光】澤田酒造株式会社


奈良県香芝市
代表銘柄:『歓喜光(かんきこう)』

酒蔵紹介

澤田酒造は奈良県の中西部、奈良盆地の西端、西に霊峰・二上山を仰ぐ香芝市五位堂にある酒蔵です。

創業は江戸時代末期の1830年(天保元年)、初代・澤田定四郎が現・本社所在地である五位堂の地で紺屋業を営みながら、周辺の田んぼで獲れた米を使って酒を造ったのが始まりです。明治時代初期には、三代・定十郎が“造り酒屋”として酒造業を本格化。昭和の時代に入ると太平洋戦争により一時、酒造りを休止。跡取りが戦死する苦難を乗り越え、戦後まもなく醸造を再開。

五代・定子は、時の杜氏・井口千松と共にさらなる酒質の向上に取り組み、現在の主力銘柄『歓喜光』を開発。1988年(昭和63年)には全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。

しかし、その後、製造従事者の高齢化等の諸事情により、主要醸造工程を協力会社に委託することを決断。長らくの間、休造状態となっていましたが、2019醸造年度より自社醸造を再開。製造技術者の育成や設備の更新を行ない、約30年ぶりに澤田酒造の酒造りが復活しました。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

澤田酒造は創業天保元年(1830年)、自社醸造再開3年目の“老舗ベンチャー酒蔵”です。奈良県産の原料米にこだわって、特に純米に力を入れ、小仕込みで丁寧に醸しております。

2020年の春より、地元農業者とともに当社の蔵人たちも米作りに携わり、原料米の生産から醸造まで一貫した生産体制をとっております。自社醸造再開後すぐに国内外品評会で受賞多数。新たな挑戦も行なってまいりますので、今後の澤田酒造にどうぞご期待ください!

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
和酒フェス初参戦、奈良の澤田酒造です。国内外での自慢の受賞酒をこの機会に是非味わってください!!

詳しい情報はこちら

■澤田酒造株式会社
 
https://www.kankiko.jp/

■Facebook
 https://www.facebook.com/kankiko

■Instagram
 https://www.instagram.com/kankiko_sake/

■ご当地情報(奈良県香芝市)
 https://www.city.kashiba.lg.jp/life/6/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介

Translate »

© 2022 酒蔵プレス