郷酒オンラインスト	ア
    
Home 酒蔵紹介 【白真弓】蒲酒造場


蒲酒造場

岐阜県飛騨市古川町

代表銘柄:『白真弓』

『酒蔵紹介』

蒲酒造場は、江戸時代中期の宝永元年(1704)創業以来、13代にわたって、水豊かな飛騨古川の地にて酒を造り続けてきました。寒暖差の大きい飛騨の気候に育まれた酒米「ひだほまれ」を主に造りをしています。
山国飛騨で醸される酒としての特徴を大切に、「人に寄り添う酒」をお届けしていきたいと考えております。
銘柄「白真弓」は、「飛騨」に係る枕詞で、万葉酒にも歌われている古い言葉となります。また、「やんちゃ酒」は地元飛騨古川人の気質を「古川やんちゃ」と言われているところから銘をつけておりますが、気質のように、筋の通ったきりっとした味わいです。
飛騨地域は北アルプス、白山山脈にかこまれた山並みの中に埋もれるようにしてあり、冬は雪多く冷え込み、夏は一日の寒暖差大きく朝晩は爽やかな空気に満たされます。山すそに染み入る雪解け水、冷ややかな空気に育てられる酒米に醸される酒は、山国の飛騨人が好む、味わいのある酒になっています。現杜氏は長年越後杜氏の元で酒を造ってきた生粋の飛騨人です。オール飛騨で造られる酒「白真弓」です。宜しくお願いします。

『酒造りの近況について』

甑倒しが終わってほっとしたころに「コロナ」がじわじわと広がってきて、多くのイベントははもちろん、地元の大切な祭礼なども中止になって、飲食街始め、町が静かになっていくのをただ見ているだけしかありませんでした。
そんな中、少しでもお酒を動かそうと、通信販売のご案内をしましたところ、大変多くのお客様から励まし、応援、提案などお声をいただきました。
もちろん平時の販売量には届きませんが、多くの方のご支援を受けて、なんとか現在に至っています。このコロナ禍ではもちろん損失もありましたが、お酒は自分たちだけで造っているのではなく、多くの皆様に支えられているからこそ生み出されているということに気づかされましたことは大きな収穫でした。
次期の酒造り、普段の出荷管理、保存管理あらゆる場面でお客様の顔、声を思いながら酒に携わっていきたいです。

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言』
地元飛騨以外では、まだまだ目にしない「白真弓」です。東京の皆様!是非「白真弓」を飲んでみてください。ありがとう!

■蒲酒造場
http://www.yancha.com

■Facebook
https://www.facebook.com/shiramayumi/

■Instagram
https://www.instagram.com/shiramayumi.yancha.kaba3/

■酒蔵のご当地情報(岐阜県飛弾市)
https://www.hida-kankou.jp/


コメントを残す