酒蔵紹介

【於多福、関西一】柄酒造株式会社


広島県東広島市
代表銘柄:『於多福(おたふく)、関西一(かんさいいち)』

酒蔵紹介

嘉永元年(1848年)、東広島市安芸津町で柄酒造は始まりました。私たちが醸すのは、日々の生活の中で幸せなひとときを過ごすために飲むお酒。

ひとりの時も、誰かといる時も、ハレの日も、ケの日も、日々を紡いでいく中に柄酒造のお酒があったらいいなと思います。そのために私たちは伝統とこれからを結び、心を込めて、ゆっくりと丁寧に酒を醸し続けます

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

2020年に家業である酒蔵に帰ってきました。大きなきっかけになったのは、2018年の西日本豪雨です。蔵の再建はとても厳しい状況だったにも関わらず、多くの方々の助けと励ましのお陰で、酒造りを再開することができました。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
こんなお酒もあるのかと愉しく飲んでいただければ幸いです。

詳しい情報はこちら

■柄酒造株式会社
 
https://www.tsukasyuzou.jp/

■Instagram
 https://www.instagram.com/otafuku.sake/

■ご当地情報(広島県東広島市)
 https://www.hh-kanko.ne.jp/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス