酒蔵紹介

【米鶴】米鶴酒造株式会社


山形県東置賜郡高畑町
代表銘柄:『米鶴(よねつる)』

酒蔵紹介

全国新酒鑑評会金賞受賞30回以上、東北清酒鑑評会優等賞35回以上をはじめ、各種日本酒コンテストで150以上の受賞歴を誇り、2020年世界酒蔵ランキングでは39位に輝きました。また、2007年から4年間は日本航空(JAL)、2017・2020年は全日空 (ANA)の機内酒にも採用されております。
1983年から、地元の農家と協力して「高畠町酒米研究会」を結成し、蔵元の近隣の圃場で酒造好適米栽培を推進しています。現在では約20haの圃場で出羽の里、出羽燦々、美山錦、雪女神、亀粋(きっすい)、亀の尾の六品種を約1500俵育てております。中でも亀粋は米鶴の蔵人が1993年に新品種登録を果たした米鶴オリジナルの酒米で、酒米栽培から手がける酒造りを実践してきたことによる成果の1つです。
米鶴の2文字には、「豊かに実った米の姿、鶴の立ち姿がお辞儀に例えられることにちなんだ、感謝を伝える酒」「八十八羽の鶴が末広がりに舞う、おめでたい縁起の良い酒」の2つの意味が込められています。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

米鶴蔵元の醸造姿勢である「地元の農家と協力して酒米栽培から手がける酒造り」「日本酒の新たな体験を提供する独自性のある酒造り」を体験しにいらしてください。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
山形県・米鶴が提案する、王道とニュータイプの日本酒を味わいに来てください!

詳しい情報はこちら

■米鶴酒造株式会社
 http://yonetsuru.com/

■Facebook
 https://www.facebook.com/yonetsuru

■Instagram
 https://www.instagram.com/yonetsuru.gratefulcranes/

■ご当地情報(山形県東置賜郡高畑町)
 http://takahata.info/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-

Translate »

© 2021 酒蔵プレス