ニュース プレスリリース

2021 年度日本酒輸出実績 金額・数量ともに過去最高に!輸出額は遂に 401 億円超え(昨対比:166.4%)!コロナ禍でも海外ではプレミアムな日本酒が人気!


全国約 1,700 の蔵元が所属する日本酒造組合中央会(以下:中央会)は、2021 年度(1 月~12月)の日本酒輸出総額が 401.78 億円に達し、12 年連続で前年を上回る金額に、また数量も 32,053 キロリットルと過去最高となったことを発表します(財務省貿易統計)。国別の金額 1 位は中国、数量 1 位はアメリカで、さらに 2021 年最も金額・数量の伸び率が高い国はフランスとなりました。1L あたりの輸出価格は 10 年前から全体で 2 倍上昇しており、高価格帯のプレミアムな日本酒が海外輸出のトレンドとなっています。

2021 年度の輸出金額・数量は共に過去最高に

2021 年度の日本酒輸出実績は金額・数量共に過去最高で、金額は 401.78 億円(昨対比:166.4%)、数量は 32,053 キロリットル(昨対比:147.3%)となりました。
輸出が好調な大きな要因としては、以下が考えられます。

  • コロナ禍からの経済活動の回復によりアメリカ・中国・香港・欧州の輸出が急拡大し、営業再開した海外のレストランでの日本酒の注文が増加したこと
  • 東京 2020 での日本への注目や、日本への渡航が引き続き難しい中、アジア圏を中心に日本の居酒屋スタイルを真似た日本食レストランでの日本酒人気が高まったこと
  • 業界全体のデジタル化が進行し、海外では日本酒 EC サイトでの販売が増加したこと
  • 高価格の日本酒がさらに人気を広げたこと

2021 年度は中国等において 10 都県に対する輸入規制のある中、世界的なコンテナ輸送の需給ひっ迫もあったため、これらが解消されれば今後もさらなる伸びが期待できると予想しています。

金額 1 位は中国、数量 1 位はアメリカに!数量・金額ともに伸び率 1 位はフランス

国別の輸出金額第1位は中国で 102.79 億円(昨対比 177.5%)。中国では日本酒は高級酒として若者や富裕層を中心に人気を集めており、EC ショップを通じて購入した自分好みの日本酒を外食時にレストランに持ち込み楽しむスタイルがみられます。

数量の第 1 位はアメリカで 8,826 キロリットル(昨対比 167.5%)でした。
昨対比の金額・数量が最も伸びた国はフランスで、金額は 230.3%、数量は 197.5%の伸び率です。ヨーロッパにおいてはイギリスが日本酒輸出をこれまで牽引していましたが、今回初めて金額・数量ともにフランスが超える結果となりました。

中央会は 2020 年にフランスソムリエ協会とのパートナシップを締結。2021 年 5 月には、フランスソムリエ協会が主催する『ベストソムリエ・オブ・フランス 2020』の決勝戦にて日本酒が初めて出題されるなど、ガストロノミーの分野で影響力が高いソムリエへの日本酒の啓発活動が成果を見せ始めていると考えています。

日本酒輸出のトレンドは「プレミアム」な日本酒

近年注目したい傾向として、1L あたりの日本酒の輸出価格の上昇があります。10 年前(2011 年)の輸出金額は 625.9 円でしたが、2021 年には 1253.5 円と 2 倍上昇しており、国別に見ると香港では 3 倍の価格となっています。

日本酒の冷蔵輸送の管理が普及し、大吟醸や吟醸、純米などが品質を保持された状態で流通可能になったことが影響しているだけでなく、冷酒をワイングラスで飲むスタイルなど、以前までの熱燗一辺倒だった日本酒のイメージが刷新され、様々なタイプがあることが海外でも認知され始めたことで、日本酒を高級酒として受け入れられる市場が作られてきています。

■1L あたりの輸出価格 ※単位:円・% / 年対比は 2021 年度との対比

【参考】

■『日本の酒 情報館』
東京都港区西新橋 1-6-15 日本酒造虎ノ門ビル 1F
常時 100 種類以上の日本酒、本格焼酎・泡盛等を 1 杯 100 円から楽しむことができ、いつも国内外からのお客さまでにぎわっています。また試飲だけでなく、日本酒にまつわる情報収集もできて、酒蔵見学などの相談もできるなど、“コンシェルジュ”としての役割も担っています。
公式 HP:http://www.japansake.or.jp/sake/know/data/


■日本酒造組合中央会(Japan Sake and Shochu Makers Association) について
全国の約 1,700 の酒類(日本酒、本格焼酎・泡盛、本みりん)メーカーが所属する日本酒業界最大の団体。
酒類業界の安定と健全な発展を目的とし、1953 年に設立。『國酒(こくしゅ)』といわれる日本酒、本格焼酎・泡盛、本みりんについて正しい情報を発信することで、国内外へ幅広く認知向上させる活動に取り組んでいます。
公式 HP:https://www.japansake.or.jp/sake/


■2021 年 10 月1日グランドオープン『國酒デジタルミュージアム』
日本の人々が日々の暮らしの中で親しんできた國酒(日本酒、焼酎、泡盛、みりんの総称)の歴史文化的側面を紹介することを目的としたオンラインミュージアム。世界のどこにいても伝統的な日本文化と國酒を学ぶことができます。
公式 HP:https://kokushu-museum.com/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

プレスリリース

酒蔵と地域を応援するため、和酒に関するニュース・イベント・商品情報をお待ちしております。 プレスリリースの掲載をご希望の方はコチラ

-ニュース, プレスリリース
-, , ,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス