ニュース プレスリリース

体感型酒蔵リゾート施設「五階菱」4月22日〜プレオープン!


一般社団法人 新発田歴史文化プロジェクト(事務局:新潟県新発田市、代表理事:布村)は、城下町新発田の魅力が全部入りした体感型“酒蔵”リゾート施設「五階菱(ごかいびし)」を新潟県新発田市諏訪町に2022年4月22日~24日プレオープン、2022年4月29日にオープン致します。

「五階菱」3つの魅力

1.城下町新発田の新しい観光エリアの拠点となる体感型“酒蔵”リゾート施設。 移築工事中の【大倉喜八郎の別邸「蔵春閣」】のすぐ目の前にあり、【新発田総鎮守「諏訪神社」】【国指定名勝の大名庭園「清水園」】【越後有数の「寺町」】に囲まれた新しい観光エリア「越後新発田門前町のど真ん中にあり、五階菱を拠点とした内外のリゾート体験が新たな街の風景を生む。

2.江戸から続く酒蔵を全面改装した、城下町新発田・食と文化の魅力を一手に受け取れる体感型“酒蔵”リゾート施設。

3.ここでしか手に入らない名物・土産が、魅力的なデザインによって展開され、プロジェクションマッピングを活用した驚きの体験も。

「五階菱」誕生の背景

「十年後の驚く新発田をつくりたい」という新発田市民の熱望のもと民間主導で生まれた「一般社団法人 新発田歴史文化プロジェクト」が進める、新しい観光エリア開発「越後新発田門前町エリア事業」による第一号施設として「五階菱」がオープンする。

ここを拠点に、未来を広げる歴史文化の新しい在り方を経済に真正面から取り組む事で実現していく。

オープン記念イベントを大倉喜八郎の命日にあわせて実施

「五階菱」のプレオープン日4月22日は、新発田市出身の実業家 大倉喜八郎の命日。この機会を新発田市民の心をあわせ、未来にワクワクする晴れの場として、オープン記念イベントを開催。

新発田に伝わる伝統的な行事、台輪・神楽・木遣りなどの催しも。大倉文化財団をはじめ関係各位をお招きし行う諏訪神社境内の「始動式」を皮切りに、振る舞い酒や特別なお土産などをもって実施。

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-ニュース, プレスリリース
-, , ,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス