sake 注目

「第 15 回フェミナリーズ世界ワインコンクール 2021」@フランス・パリ 出品募集開始


女性ソムリエ、女性醸造家、女性ワインジャーナリスト、女性シェフらが厳正なブラインド審査を行う「フェミナリーズ世界ワインコンクール」は 2021 年に第 15 回目を迎えます。
2020 年から新設された「日本酒」部門をはじめ、「日本リキュール」「日本ワイン」各部門の出品募集が始まりました。「金」「銀」、さらに部門ごとの「TOP OF THE BEST」に選ばれた日本産酒は、2021 年東京五輪前後をはじめ、世界各国に向け華やかに PR されます。


【エントリー受付期間】
2020 年 11 月 18 日(水)~2021 年 1 月 22 日(金)正午
【審査日】2021 年 4 月 7 日(水)8 日(木)
【審査会場】フランス・パリ Parc Floral de Paris
【日本でのイベント】2021 年 6 月(予定)に、表彰式・試飲イベントパーティー開催、百貨店展示会ブース設置等を予定。

エントリー要項・詳細はこちら
https://feminalise-japon.com

■出品/入賞のメリット

出品メリット
・日本国内への配送のみで海外発送等のご負担がありません。
・詳細な分析表は必要ありません。
・出品業務から現地審査まで一貫してフェミナリーズ・ジャポンがお手伝いします。

入賞メリット
・高品質保証としての「メダルシール(複製防止のためマイクログラビア法印刷)/首掛けPOP」とともに国内外に広く PR されます。

 例)香港 VINXPO 出展、フランスの有名ワイン雑誌「VIGNE」、日本のワイン雑誌「ワイン王国」、食の専門誌「FoodLife」、人気ポータルサイト「オールアバウト」をはじめ、新聞、テレビ、ラジオ、SNS、オンラインニュース、YouTube 公式チャンネル等で多数紹介されます。

・有名百貨店にての展示会、フェミナリーズ試飲イベント、入賞メーカー見学ツアー/オンラインツアーなどを開催します。

▼2020 年大会の表彰式の様子
YouTube ライブ

<<同時募集/現地ブース出展企業>>
詳しくはこちら
https://feminalise-japon.com/
<<同時募集/日本人女性審査員・審査体験ツアー>>
詳しくはこちら
https://feminalise-japon.com/

■フェミナリーズ世界ワインコンクールとは
創設は 2007 年。コンクール主宰は、フランスのワインのメッカ、ブルゴーニュにおいて、30 年以上にわたり各種ワインコンクールを成功させてきたディディエ・マルタン氏。世界の酒類市場において女性が与える経済的影響力は非常に大きなものという観点から創設。
メーカー、卸、酒販、レストラン業界などからの多大な支持を受け、以後、フェミナリーズは TOP5 に入る世界的知名度の高いコンクールとなっています。また、2020 年度大会からは、日本酒部門が新設され、世界の女性ワイン専門家が認める日本酒の選出も行われています。
日本酒の輸出が好調なだけに、審査結果が大変な注目を浴びることとなります。
なお、日本においての運営はフェミナリーズ・ジャポンが請け負っています。
代表は、フェミナリーズ日本広報大使友田晶子氏が務めています。
※フェミナリーズ・ジャポン事務局は、一般社団法人日本の SAKE と WINE を愛する女性の会
(通称:SAKE 女の会)内に設置されています。

▼フェミナリーズ・ジャポン公式 HP
https://feminalise-japon.com
▼(一社)SAKE 女の会公式 HP
https://omotenashi-sakejo.com/

■本件に関するお問い合わせ
フェミナリーズ・ジャポン
住所:〒102-0082 東京都千代田区一番町6 相模屋本社ビル 7 階
一般社団法人 日本の SAKE と WINE を愛する会内
TEL:03-4405-4763
Mail::feminalise@omotenashi-sakejo.com
担当:吉田順子/谷美紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-sake, 注目
-

Translate »

© 2021 酒蔵プレス