sake 注目

「利根沼田」が地理的表示(GI)に指定されました!


株式会社津々浦々(東京都千代⽥区 代表取締役:⽵久健)が、国税庁の委託事業としてアドバイザーを務めた、群⾺県利根沼⽥地区の⽇本酒が本日2021年1⽉22⽇、地域の⾵⼟と結びついた特産品を保護する国の制度「地理的表⽰(GI)」に指定されました。GI名称は「利根沼⽥」で、日本酒では「⽩⼭」、「⼭形」、「灘五郷」、「はりま」、「三重」に続く6例⽬の指定です。

GI制度とは、「農林⽔産物・⾷品等の名称で、その名称から当該産品の産地を特定でき、産品の品質等の確⽴した特性が当該産地と結び付いているということを特定できる名称の表⽰である」と農林水産省では定義しています。簡単にいうと地域ブランド名のことです。土地の気候や風土、文化と結びついた伝統的な方法で生産された農林水産物や食品が該当します。
GI名称に指定されることで、地域ブランド品の品質を守ること、そして不正表示を防止することが可能となります。

今回、酒質の特性において、色沢、香り、味わいを具体的に表記し、原料⽶は利根沼⽥地区内で栽培された「雪ほたか」「五百万⽯」「コシヒカリ」のみとし、この地域の豊富な軟⽔と特定の酵⺟のみの醸造と規定するなど、「利根沼⽥」透明感のある味わいの中に適度な旨味を感じる⽇本酒の地域性をより明確にした上での⽇本酒では今までに例を⾒ないGI指定となります。
また、⽇本酒GIでは、GI⽣産基準の中に「ビンテージ」の表記を可能としたことにおいても画期的な指定となります。

認定された注目の⽇本酒は 6 ⽉ごろ販売予定です!

地理的表示「利根沼田」生産基準:
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/hyoji/chiri/210122_besshi.htm


利根沼田の7蔵を巡り、温泉と食と文化を楽しむ!プレミアム酒蔵ツアー
【体験レポート1】https://www.sakagura-press.com/sake/tonenumata_report0316/
【体験レポート2】https://www.sakagura-press.com/sake/tonenumata_report0317/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
アバター

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-sake, 注目
-,

Translate »

© 2021 酒蔵プレス