郷酒オンラインスト	ア
    
Home イベント 速報【SAKE COMPETITION 2019】表彰式・上位蔵元 結果発表


世界最多出品酒数を誇る世界一美味しい市販日本酒を決める品評会「SAKE COMPETITION 2019」が、2019年6月10日にザ・ペニンシュラ東京にて開催され、上位入賞酒の発表及び表彰式が行われました。
今年は「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「吟醸部門」「Super Premium部門」「スパークリング部門「海外出品酒部門」の計7部門に昨年を大幅に上回る1919点が出品しました。また、90名の蔵元が審査する「おつまみグランプリ」が初開催されました。
表彰式当日は、実行委員を務める中田英寿氏や、ラジオのMCを務める傍らファッションブランドデザイナーとしても活躍の場を広げるマリエ氏、歌手のGAKU-MC氏、ラジオパーソナリティーのレイチェル・チャン氏、映画監督の松居大悟氏、モデルの浦浜アリサ氏、前田智子氏がプレゼンターとして会場に駆けつけました。

☆DSC09292

上位蔵元の詳細は以下の通りです。

【純米酒部門】
1位 「宝剣 純米酒 レトロラベル」宝剣酒造株式会社(広島県)
受賞者コメント:このような賞で受賞できたことは本当に嬉しいです。今年の酒造りは、本当に苦しかったです。でも、苦しみが報われました。
2位 「美丈夫 特別純米酒」有限会社濵川商店 (高知県)
3位 「宝剣 純米酒 広島夢酵母」宝剣酒造株式会社(広島県)

☆DSC09171
【純米吟醸部門】
1位 「飛露喜 純米吟醸」合資会社廣木酒造本店(福島県)
受賞者コメント:ここ4,5年の純米吟醸は傾向的にうちのお酒が勝つのは難しいと思っていた。純米吟醸での授賞は本当にびっくりした。出品しているお酒のレベルが紙一重の中で、最後は神様が微笑んでくれたのかも。
2位 「磯自慢 純米吟醸」磯自慢酒造株式会社(静岡県)
3位 「鈴鹿川 純米吟醸」清水清三郎商店株式会社(三重県)

☆DSC09182

【純米大吟醸部門】
1位 「作 朝日米」清水清三郎商店株式会社(三重県)
受賞者コメント:毎日、試行錯誤しながら日本酒を造っている中で結果的にこのような賞をいただけて嬉しいです。美味しい日本酒を醸すにあたって、微生物の気持ちをどうやって理解するかを意識している。これに満足せず、様々な形で評価いただける日本酒を造り続けていく。
2位 「太平山 純米大吟醸 天巧35」小玉醸造株式会社(秋田県)
3位 「萩の鶴 純米大吟醸」萩野酒造株式会社(宮城県)

☆DSC09196

【吟醸部門】
1位 「天上夢幻 大吟醸 山田錦」株式会社中勇酒造店(宮城県)
受賞者コメント:受賞できるとは、本当に予想していなかったです。ここ数年の中でも、出来の良い日本酒が完成したので、このように評価されたことで、自信につながりました。
2位 「極聖 大吟醸」宮下酒造株式会社(岡山県)
3位 「白菊 特別限定 大吟醸」合資会社廣瀬商店 (茨城県)

☆DSC09216

【Super Premium部門】
1位 「十四代 龍泉」高木酒造株式会社(山形県)
受賞者コメント:2012年、2013年に純米大吟醸部門で受賞することができ、それ以降は受賞できずに相当苦しみました。いただいた受賞トロフィーを自分の父に持って帰ることができ、少しは親孝行ができたのかなと思います。
2位 「刈穂 滄溟海 純米大吟醸」秋田清酒株式会社(秋田県)
3位 「作 智」清水清三郎商店株式会社(三重県)

☆DSC09243

【スパークリング部門】
1位 「出羽鶴 awa酒 明日へ」秋田清酒株式会社(秋田県)
2位 「SPARKLING RAIFUKU」来福酒造株式会社(茨城県)
3位 「八鹿 スパークリング Niji」八鹿酒造株式会社(大分県)

スパークリング部門02
【海外出品酒部門】

1位 「Coastal Ginjo」Sequoia Sake Company (アメリカ)
受賞者コメント:日本酒の通だけでなく、まだ日本酒に対して馴染みがないアメリカ人でも飲みやすい日本酒を目指して醸している。実は2年前に、一般の吟醸酒部門で出品し悔しい思いをしたが、私たちなりに努力を続けたことで、今年このような賞を受賞出来て、本当に嬉しい。
2位 「Momokawa Diamond」SakeOne (アメリカ)
3位 「Coastal Genshu」Sequoia Sake Company (アメリカ)

☆DSC09335

【ダイナースクラブ若手奨励賞】
製造責任者 佐藤善之氏 萩野酒造株式会社(宮城県)
受賞者コメント:今回受賞できたお酒は、真冬の一番寒い1月に仕込みを始め、非常に手間のかかる作り方をこだわってやってきました。寒い中、頑張ってくれた蔵人のみんなや杜氏の弟の苦労があってここまでこれた。こうやって、評価されることは作り手たちにとって、励みになり非常に嬉しいです。

☆DSC09264

【JAL空飛ぶSAKE賞】
「御慶事 純米吟醸 雄町」青木酒造株式会社(茨城県)
受賞者コメント:純米吟醸部門で7位だけでなく、このような特別賞をいただき、びっくりしました。海外輸出をほとんどできていないので、このお酒を通じて日本酒を好きになってくれる人が増えてほしい。期待していただいたものを、来シーズンもお出しできるように頑張っていきます。

☆DSC09309

【おつまみグランプリ】
1位:「九十九里浜 蛤酒蒸し」株式会社正上
受賞者コメント:第1回目のおつまみグランプリで受賞できて大変感激しています。お醬油をベースとした和食を作っていると自負している中で、和食の真髄を作っている日本酒の蔵元さんに選んでいただき、大変感慨深いです。
2位T:「たまり漬けチーズ」株式会社山久チーズファクトリー
2位T:「佐賀海苔 塩のり極」三福海苔株式会社

☆DSC09278

発表直後、表彰式の壇上に立たれた蔵元の方々の「幸運を授かった」「苦労が報われた」「肩の荷が降りた」等のコメントには、どんなに人気蔵でも、生産量が少なく地元限定流通の蔵でも、緊張感、高揚感があり、とても印象的でした。上位入賞された皆様、おめでとうございます。
あなたも上位入賞された日本酒を指名して、今年の味わいを確かめてみてはいかがでしょうか。

SAKE COMPETITION 2019 入賞酒

【関連記事】
速報【SAKE COMPETITION 2018】表彰式・上位蔵元 結果発表
https://www.sakagura-press.com/sake/sake-competition-2018/

速報【SAKE COMPETITION 2017】表彰式・上位蔵元 結果発表
https://www.sakagura-press.com/sake/sakecompetition2017/


コメントを残す