Home イベント 【取材レポ】神戸から西宮にまたがる灘五郷の酒蔵が銀座に集まり【灘フェス2017】開催!!


「日本一の酒処!灘の酒フェスティバル 2017 in 銀座」(略称:灘フェス2017)が9月15日(金)、16日(土)の2日間開催されました。会場の東京・銀座にある時事通信ホール(東京都中央区)には、800名以上の日本酒ファンが集まりました。初日のオープニングセレモニーとして鏡開きが行われて、樽の香りの漂う振る舞い酒で来場者全員で乾杯を行いました。

DSC01076
神戸と西宮にまたがる灘五郷酒造組合から、合計17蔵、約60種類が出品され、自慢の酒を酒蔵自らがピーアールしました。来場者は灘の酒を飲み比べ、酒蔵との会話を通じて、「灘のお酒久々に飲んだけれど美味しい! 」「お燗酒もいいねぇ」「日本一であることに納得」「まだまだ知らない銘酒が多く、とても勉強になりました」「協会1号酵母や、地元でしか販売してお酒も飲めて、老舗蔵元のパワーを感じた」と、ひとりひとりが灘の酒の奥深さを実感していらっしゃいました。

DSC_5453
また、会場ステージでは、初日は和酒コーディネーター・酒サムライ、地元出身のあおい有紀さん2日目は日本酒スタイリスト・タレントの島田律子さんMCで、音楽の生演奏を、初日はヴァイオリニストの竜馬(Ryoma)さん2日目は箏奏者の吉永真奈さんとヴァイオリニストのSong(ソング)さんが披露。他にも地元出身の日本酒専門漫才コンビ「にほんしゅ」が酒蔵紹介&漫才、ミス日本酒が会場を彩り、フェスティバルらしい華やかさな演出で会場は大いに盛り上がりました。

nada55また、灘の酒セミナーでは「いかに灘五郷が日本一の酒処になったのか」をテーマに、蔵元から辰馬本家酒造株式会社社長の辰馬健仁さん、サケサムライの杉原英二さんが、歴史、風土、新しい時代の取り組みまでを語りました。

DSC_1090
お燗ブースをはじめ、食と酒器のブースでは、神戸に本社のある「六甲バター」がQBBチーズ、「日本ネスレ」がキットカットチョコレート、コーヒーを提供し、他にも灘の酒によく合う料理、兵庫のおつまみ、引き立てる酒器から、神戸、西宮のPRブースまで、さながら兵庫の食の物産会場の様でした。

DSC_5566
江戸時代は最盛期に江戸で消費される酒の8割を占めた灘の酒は、地酒ブームとともに飲む回数が減り、灘の酒のCMを見る事はあっても首都圏で灘の酒を詳しく知る機会は乏しかったですが、今回の利き酒祭りの盛り上がりをきっかけに、本場の味や魅力を知る機会が増えそうです。これからの日本一の酒処の動向にますます目が離せません。
【灘フェス出品酒蔵一覧】(17蔵)
【大関(おおぜき)】大関
【日本盛(にほんさかり)】日本盛
【白鷹(はくたか)】白鷹
【白鹿(はくしか)】辰馬本家酒造
【灘一(なだいち)】松竹梅酒造
【島美人(しまびじん)】北山酒造
【德若(とくわか】万代大澤醸造
【沢の鶴(さわのつる)】沢の鶴
【千代田蔵(ちよだぐら)】太田酒造
【浜福鶴(はまふくつる)】小山本家酒造
【櫻正宗(さくらまさむね)】櫻正宗
【白鶴(はくつる)】白鶴酒造
【菊正宗(きくまさむね)】菊正宗酒造
【剣菱(けんびし)】剣菱酒造
【福寿(ふくじゅ)】神戸酒心館
【仙介(せんすけ)】泉酒造
【大黒正宗(だいこくまさむね)】安福又四郎商店
※【銘柄名(めいがらめい)】酒蔵名の順

【関連記事】
・9/15-16【日本一の酒処!灘の酒フェスティバル2017 in 銀座】続報!出品酒、出展社が決まる!
http://www.sakagura-press.com/sake/nadafes2017_sake/
・【コラム】灘の酒蔵、変化の予感!~灘(なだ)ってどこ? どんな酒? 飲んだことは?~
http://www.sakagura-press.com/sake-attention/nada_change201708/
・まだ知らない、神戸と西宮で醸された“灘の酒”の魅力を発見!【日本一の酒処!灘の酒フェスティバル 2017 in 銀座】
http://www.sakagura-press.com/sake/nada12keyword/
・9/15-16【日本一の酒処!灘の酒フェスティバル2017 in 銀座】オシャレに、美味しく楽しむ! KOBE & NISHINOMIYA SAKE STYLE
http://www.sakagura-press.com/sake/nadafes2017/


コメントを残す