sake

~自然とにじみ出る個性がある酒造り~【天明、一生青春、Snow drop】曙酒造株式会社-福島県


地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と日本酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第2回目の当記事では、福島県河沼郡(ふくしまけんかわぬまぐん)の曙酒造(あけぼのしゅぞう)を特集します。日々ご紹介する酒蔵のまとめは下記をご覧ください。

こちらをCHECK

【キラリと光る、地域で愛される酒蔵の銘酒】全国にある様々な酒蔵の歴史と文化、オススメの飲み方や地域の観光をご紹介!

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と日本酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画がスタートしました! 日本には約1,400の酒蔵があり、地域の蔵人たちは日々情熱を注いで酒造りをしています ...

続きを見る


『時代とともに自然とともに進化し続ける酒』『造っていても呑んでも楽しさが無限に湧き出る酒』

―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。

冬は寒くて、夏暑い、会津盆地の中心にほど近い、会津坂下町で酒造りを初めて百有余年が経ちました。
地元で造る米の旨味を大切に、稲の成長を見守りながら、その年の米の出来具合を肌で感じ、米の特徴を活かして酒を醸しています。
1本1本に自然とにじみ出る個性がある酒という理想を基にしています。さらなる酒質の向上を目指しながらも、曙酒造らしさを忘れることなく、酒造りへ全身全霊をかけて向き合っています。
『時代とともに自然とともに進化し続ける酒』『造っていても呑んでも楽しさが無限に湧き出る酒』を造り続けたいと思います。

―代表銘柄は?

Snow drop(すのーどろっぷ)(左)、天明(てんめい)(中)、一生青春(いっしょうせいしゅん)(右)


丁寧で清潔な仕事から生まれる透明感

―イチオシ商品はなんですか? 地元の食材・料理とはどんな合わせ方がおいしいですか?

旨味・甘み・酸味のバランスがとても良い「天明 槽しぼり 純米火入」は、丁寧で清潔な仕事から生まれる透明感を大切にした天明の基軸商品で、どの温度でもお楽しみいただけるお酒となっております。
会津坂下町産の馬刺しと一緒に飲んでいただくととても相性良くおいしく召し上がれます。

酒蔵プレス編集部

酒蔵プレス唎酒師による「天明 槽しぼり 純米火入」テイスティングノート

●香り
おだやかでありながら、爽やかなミントのような香りで、アルコールの甘味が際立ちます。

●味わい
ジューシー感と甘味が特徴で、飲み口は舌の上で少し刺激があり、飲み込んだ時に広がる甘味が心地よい。また、舌に残るミネラルが旨味の余韻を引き立てます。

●ペアリング
湯豆腐など、さっぱりしつつ、旨味を感じられる料理がおすすめです。燗をつけると、アルコール感が強まり、合わせられる料理の幅が広がります。

●総評
おだやかな香りから、口に含むと少しの刺激、広がる甘味、ミネラル(苦味)が旨味として感じられます。それぞれにギャップがあり、一口で様々なストーリーやイメージが浮かぶ個性のある日本酒です。

―酒造りではどんなことを心がけていますか?
丁寧で清潔な仕事を心掛けております。

―酒蔵や地域、観光などでオススメポイントや盛り上がっている話題を教えて下さい。

曙酒造では「一番しぼりを楽しむ会」を年に一度開催致します。その時に蔵開きを致しまして、普段は出来ない蔵見学ができます。
11月はじめの日曜日を予定しておりますが、年により変動するため詳しくは開催が近づきましたらホームページにてご案内をさせていただきます。

―最後に、読者へのメッセージをお願いします!

天明を通して、 “ふくしまのいま”を感じていただければ嬉しい限りです。

今回ご紹介した酒蔵について

【福島県】
曙酒造株式会社
https://akebono-syuzou.com/
福島県河沼郡会津坂下町 戌亥乙2

酒蔵プレス編集部
先日発表された令和2酒造年度 全国新酒鑑評会において、「一生青春」が金賞を受賞しました! おめでとうございます!!

こちらもCHECK

【速報】令和2酒造年度 全国新酒鑑評会の金賞酒と入賞酒が発表されました!

酒類総合研究所(広島県東広島市)は、本日5月21日、令和2酒造年度(2020年7月~2021年6月)全国新酒鑑評会の金賞酒と入賞酒を発表しました。 令和2酒造年度に製造された清酒を全国的に調査研究する ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-sake
-, , , , , , , ,

Translate »

© 2021 日本酒・酒蔵プレス