郷酒オンラインスト	ア
    
Home 日本酒ニュース 【IWC2019 SAKE部門】のトロフィーとメダルが決定!


2019年4月5日から8日までの4日間、ロンドンにおいて本年のIWC(International Wine Challenge)Sake部門の審査会が開催されました。今年で13回目を迎える大会には世界14ヶ国から総勢59名のジャッジ(審査員)が集いました。10に分かれた審査テーブルに5-6人ずつのグループに分かれてディスカッションをしながら審査を進められます。グループ分けは毎日変わっていきます。
そして、Champion Sake / Great Value Awardの審査結果が5月8~9日にかけて順次発表されました。*出品酒は市販酒に限ります。

DSC_7040

copy right KEISUKE IRIE

★IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)とは
IWCは1984年に設立された世界最大規模、世界的にも最も権威あるワインコンペティションであり、この大会でメダルを受賞することは世界的に認知されることが期待できます。2007年にSAKE部門が創設されて以来、日本酒造青年協議会がSAKE部門の公式コーディネーターとして、出品酒の取りまとめ並びに審査に関わるアドバイス等を行っています。

DSC_7032

copy right KEISUKE IRIE

【日本酒の審査について】
SAKE部門は例年各国から数多くの日本酒のエキスパートを集めて審査を行います。今年のエントリーは、1,500銘柄(出品数)のエントリーになりました。

審査員の割合は、日本人と外国人が半々で、外国人の嗜好にもあった日本酒も選ばれています。9つのカテゴリー毎に審査員によるブラインド・テイスティングを行い、その成績によりメダル「Gold」「Silver」「Bronze」「Commended」が授与されます。またそれぞれのカテゴリーの「Gold」の中から最も優れているものには「Trophy」、そして「Trophy」受賞酒の中で最も高い評価を得た銘柄は「Champion Sake」として表彰されます。発表は7月9日(日本時間10日未明)の 予定です。

copy right KEISUKE IRIE

copy right KEISUKE IRIE

トロフィー受賞酒

【純米酒の部】
純米トロフィー 株式会社 宮﨑本店 宮の雪 山廃仕込 特別純米酒
栃木・純米トロフィー 株式会社 松井酒造店 松の寿 純米 とちぎ酒14 栃木県
静岡・純米トロフィー 富士高砂酒造株式会社 高砂 山廃純米辛口 静岡県

【純米吟醸酒の部】
純米吟醸トロフィー 仙台伊澤勝山酒造株式会社 勝山 純米吟醸 献 宮城県
山形・純米吟醸トロフィー 出羽桜酒造株式会社 出羽桜 つや姫 山形県
新潟・純米吟醸トロフィー 株式会社越後鶴亀 越後鶴亀 越弌 純米吟醸 新潟県
愛媛・純米吟醸トロフィー 石鎚酒造株式会社 石鎚 別誂え 純米吟醸 愛媛県

【純米大吟醸酒の部】
純米大吟醸トロフィー 合名会社鈴木酒造店秀よし 純米大吟醸 秋田県
山形・純米大吟醸トロフィー 菊勇株式会社 栄冠菊勇 雪女神 山形県
岡山・純米大吟醸トロフィー 利守酒造株式会社 赤磐雄町ゴールド 岡山県

【本醸造酒の部】
本醸造トロフィー 合資会社 竹田酒造店 かたふね 特別本醸造 新潟県

【吟醸酒の部】
吟醸トロフィー 東北銘醸株式会社 初孫 冬のカノン 吟醸酒 山形県
岩手・吟醸トロフィー 株式会社南部美人 南部美人 吟醸 結の雫 岩手県

【大吟醸酒の部】
大吟醸トロフィー 北西酒造株式会社 文楽 大吟醸 袋吊無濾過原酒 中汲み 埼玉県
宮城・大吟醸トロフィー 株式会社男山本店 蒼天伝 大吟醸 宮城県

【古酒の部】
古酒トロフィー 株式会社 釜屋 特別本醸造 釜屋 古酒 埼玉県
奈良・古酒トロフィー 西内酒造 談山 貴醸酒 奈良県
広島・古酒トロフィー 榎酒造株式会社 華鳩 貴醸酒 8年貯蔵 広島県
福岡・古酒トロフィー 株式会社みいの寿 三井の寿 山廃 純米 古酒 福岡県

【スパークリングの部】
スパークリングトロフィー 平和酒造株式会社 紀土 純米大吟醸 Sparkling 和歌山県
大分・スパークリングトロフィー 八鹿酒造株式会社 八鹿 スパークリング Niji 大分県

【普通酒の部】
普通酒トロフィー 菊正宗酒造株式会社 菊正宗 しぼりたてギンパック 兵庫県
山形・普通酒トロフィー 竹の露合資会社 清酒 竹の露 山形県

【IWC Great Value Sake (グレートバリューサケ※)】
菊正宗 しぼりたて ギンパック 菊正宗酒造株式会社
純米 七賢 風凛美山 山梨銘醸株式会社
※四合瓶換算10万本、小売り価格1000円以下での酒

受賞の酒蔵の皆様、おめでとうございました!

またゴールド、シルバー、ブロンズなどのメダル受賞蔵は、こちらになります。
こちらも僅差の結果ではありますが、素晴しい日本酒がそろっています。

来年のIWC2020の開催は、ロンドンとのことです。

【参照記事】
IWC2018山形「SAKE部門」のトロフィーとメダルが決定!
https://www.sakagura-press.com/sake/iwc2018_yamagata/


コメントを残す