郷酒オンラインスト	ア
    
Home 酒蔵紹介 【臥龍梅】三和酒造株式会社


三和酒造株式会社

静岡県静岡市 

代表銘柄:『臥龍梅(がりゅうばい)』
kurando
『酒蔵紹介』

三和酒造㈱は日本列島のほぼ真ん中の静岡市清水区に所在します。
先頃ユネスコの世界文化遺産に登録された富士山の構成資産のひとつ三保の松原、街道一の大親分 清水次郎長、そしてアニメのちびまる子ちゃんで有名な港町清水です。
創業は貞享3年 (1686年)、初代、市兵衛が稲荷大明神のお告げにより浅間山麓に良水を得て創業したと伝えられます。「臥龍梅」はその伝統ある蔵が平成13年に発売した新銘柄です。
発売後10数年で販路は北海道から九州にいたる全国に拡大しました。
また、平成18年からシンガポール、アメリカ向けに、20年からヨーロッパ、オーストラリア、香港向けに、21年から韓国向けに、22年から中国、台湾向けに、24年からはアラブ首長国連邦向けに26年からイスラエル向けに、27年からはタイ向けに輸出も開始しました。
「臥龍梅」は、清流と鮎で名高い興津川の伏流水を仕込み水として用い、南部杜氏の手で総米600キロから1.3トンの吟醸仕込みで丹精して醸造しております。
酒米はすべて手洗いで限定吸水し、醪日数30日以上の長期低温醗酵で製造いたします。
「良質の酒には何も足すべきでない、良質の酒からは何も引くべきでない」との観点から、純米吟醸と純米大吟醸の原酒を製造の中心に据え、味も香りも豊かで飲み応えのあるお酒を目指して製造しております。
また、愛山、山田錦、雄町、短稈渡船、誉富士、五百万石等、さまざまな酒米にチャレンジし、原料米の違いによるお酒の味と香りのバリエーションを愉しんでいただくことをモットーにしているとのことです。

『酒造りの近況について』
9月19日に南部杜氏菅原富男顧問、多田和仁杜氏以下蔵人6名が蔵入りし、平成30BYの酒造りを開始しました。

今年も美味しいお酒を皆様にご提供できるよう社員一同精一杯取組んでいるとのことです

興津川の伏流水と様々な原料米を使った「三和酒造」の日本酒が3月開催の和酒フェス in 中目黒で試飲できます!
イベント詳細は「和酒フェス in 中目黒」公式ホームページからご覧ください♪
http://sakefes.com/event12/

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言』
愛山、山田錦、雄町、短稈渡船 等、様々な酒造好適米を用いてきました。本年は、静岡県静岡市産 亀の尾も無事仕込みを行うことができました。酒米ごとの日本酒の香り、味をご堪能ください。

■三和酒造株式会社
http://www.garyubai.com/

■Facebook
https://www.facebook.com/Garyubai

*酒蔵のご当地情報(静岡県静岡市)
http://www.visit-shizuoka.com/


コメントを残す