酒器

淡い彩りの花器や大鉢 陶芸家・井上英基さん、水戸で初個展



14013620453733_1

碧彩釉(へきさいゆう)と呼ばれる緑色の釉薬(ゆうやく)を用い、味わい深い「四季の情景」を表現する陶芸家、井上英基さんの初個展「彩(いろどり)井上英基作陶展」(茨城新聞社主催)が29日、水戸市泉町1丁目の京成百貨店ギャラリーで開幕した。淡い緑色をベースにした大作の花器や、大鉢、壺(つぼ)、酒器など約100点が並ぶ。会期は6月4日まで。

記事の続きはコチラ

 

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒器
-, ,

Translate »

© 2021 酒蔵プレス