酒蔵紹介

【水芭蕉】永井酒造株式会社


群馬県利根郡川場村
代表銘柄:『水芭蕉(みずばしょう)』

酒蔵紹介

創業1886年。(今年で135周年を迎えます)群馬県最北部、利根川の源流域に位置する川場村。
初代永井庄治がこの地の水に出会い酒造りを始めました。仕込み水の確保のため深い森林を所有し、蔵周辺は大自然に囲まれ、蔵の前には豊かな水田が見渡す限り広がっています。
「この地の自然に敬意と感謝を持ち、自然美を表現する綺麗な酒を造る」ことを哲学として、最新鋭の設備と伝統的な技の融合で美しい酒を醸しています。
地域や日本酒の未来の為に、SDGs尾瀬の水芭蕉再生プロジェクトを始動し環境保護に関する意識改革や啓蒙活動も行っています。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

伝統的な日本酒製法に瓶内二次発酵を取り入れた、本格的なスパークリング日本酒「Awa酒」(あわさけ)のパイオニアとして、様々なスパークリング日本酒の開発に取り組んでいます。
今年の秋には“伝統と革新”を共通テーマとして日本を代表するファッションブランド『ユミカツラ』とのコラボレーション企画であるスパークリング清酒を、また川場村産コシヒカリ米「雪ほたか」を使用したGI(地理的表示)認定の日本酒もお披露目予定です。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
今回は夏に飲みたくなる季節のお酒とスパークリングサケをご用意しています。この機会に多彩な水芭蕉のAwa酒(あわさけ)をお楽しみ下さい。

詳しい情報はこちら

永井酒造株式会社
 https://www.nagai-sake.co.jp

■Facebook
 https://www.facebook.com/mizubasho

その他
 https://mizubasho-artist.jp

■ご当地情報(群馬県利根郡川場村)
 https://www.vill.kawaba.gunma.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-,

Translate »

© 2021 酒蔵プレス