にっぽん酒蔵マーケット
    
Home 酒蔵紹介 【水芭蕉】永井酒造株式会社


永井酒造株式会社

群馬県利根郡川場村 

代表銘柄:『水芭蕉(みずばしょう)』
IMG_1400

『酒蔵紹介』
永井酒造は明治19年初代当主永井庄治がこの地の水に出会い、酒造りを始めました。
群馬県最北部に降る豊富な雪や雨が尾瀬の大地でゆっくりと濾過され、ここ川場村で組み上げられます。極軟水のその水で醸されるお酒は口に含んだ時にふわっと膨らみ、喉を通した後に、柔らかでほのかな甘みが広がる優しく綺麗なお酒になります。
お酒は搾って終わりではなく、お客様の口に入り心に響いて初めてその運命を終えるという先先代社長からの方針で搾った後のお酒も厳格に管理していくことで最高の状態でお客様に飲んでいただけるように心がけております。
酒造りそのものももちろん大事ですが、それと同様に上槽後の管理や出荷タイミングに神経を払い、お客様の心に響く酒造りを心がけています。
お酒を飲んだ時に、地元川場村の里山の綺麗な風景が浮かぶような、綺麗な味わいのお酒を目指しつつ、常に新しいことにチャレンジし続けることで、新しい日本酒の楽しみ方を発信しながらも、伝統をしっかりと守った「川場から世界へ」地元から世界中に楽しいでいただけるお酒をご提案したいと思っております。
昨年から本格的に始動したお米造りも軌道に乗り、地元と全国各地、世界を繋ぐ蔵になれるよう日々様々なことにチャレンジしていきます。

『酒造りの近況について』
9月に新商品「MIZUBASHO Artist Series」を発売いたしました。このシリーズは昨今「ニホンジカ」の食害により、尾瀬の水芭蕉が激減している状況に、水芭蕉と尾瀬の自然を守りたいという思いから立ち上げたプロジェクトで、ご賛同いただいた、俳優であり画家としてもご活躍されている片岡鶴太郎氏にラベルデザインをお願いし、売り上げの一部を水芭蕉の保護活動の資金として寄付させていただきます。更に、日本酒の新しい楽しみ方のご提案を様々なジャンルのスペシャリストとコラボしてお伝えしていくという新たな取り組みにもご期待ください!

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言 』
新商品「MIZUBASHO Artist Series」、この時期しか飲めない新酒2種類をお楽しみください。

■永井酒造株式会社
http://www.nagai-sake.co.jp

■Facebook
https://www.facebook.com/mizubasho

■Twitter
https://twitter.com/nagaisyuzou

酒蔵のご当地情報
http://www.kawabakankou.gunma.jp/


コメントを残す